読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まとめサイトの喧騒を離れて… TIF2016 ガンダム前広場のユルリラポ

TIF アイドル プラチナム奴隷豚 ユルリラポ

 

ユルーく、リラックスポップを歌うことをコンセプトに昨年結成された癒し系ガールズユニット「ユルリラポ」。彼女たちの名前が一躍世間に知れ渡ることとなったのは、メンバーの美貌や良質な楽曲からではなく、残念なことに週刊文春が報道した同事務所に所属する先輩タレント小倉優子の旦那とメンバー馬越幸子との不倫スキャンダルからだった。

元々5人組だったユルリラポは先日人気メンバーふたりが脱退、新メンバーひとりを加え4人組として再スタートしたばかり。5人時代の歌割りや振り付けも再編成し直し、大イベントTIFで新体制をお披露目しようとする直前の騒動は、元々グループの知名度が低かったことも有り、下世話な興味だけを集めることとなってしまった。

公式ウェブサイトやブログも一時期閉鎖、馬越はすぐに契約を解除され、一部で告知されていた企業絡みのイベントもキャンセル、このままTIFも出演することなくフェイドアウトしてしまうのではなかろうかとの観測も流れるほどだった。

そんな現在のユルリラポはトリオ編成。キャリア10年を超えグラビアをメインに活動、数々のユニットでのCD発売経験もある昭和生まれのベテラン小田あさ美。元prediaメンバーで美脚がトレードマーク、透き通った儚げな声質がユルリラポのポップな良曲に彩を与える村上麻莉奈。そして関西出身でNMBメンバーになることを夢見ていたもののオーディション選考に落選、それでもアイドルになる夢を諦めきれず上京、先日新加入したばかりの阿比留夏海。

初めての大舞台、スキャンダルによる好奇の視線、急な歌割りの変更、さらにステージに立った経験僅か1日の新メンバーetc.etc.傍から見ても尋常でない3人の緊張感が伝わる中、彼女たちは懸命にTIFでのパフォーマンスをこなした。

その初々しい緊張感、そして傷を負った人間ならではの哀切さは、結果的にユルリラポのカラフルなポップスに深みを与えることとなった。そして3人を盛りたてようと、ギッシリ聴衆で埋め尽くされたお台場のガンダム前広場に僅かな援軍であるヲタクも集結。普段の定期公演などでは彼女たちのユルい雰囲気に引っ張られ、コールもおざなりなのだが、この日は何とか3人をサポートしようと必死に声を上げる。

僅か15分、3曲の持ち時間。最後に披露されたのはデビューシングルのカップリング曲「きっと夢は叶うから」。

 

“きっと夢は叶うはずさ

だから君はいつも前を向いていて

君がいつも笑っている

それが僕のチカラになる”

 

あさみん、まりにゃん、あびるん。そしてユルリラポを去っていったにゃろちゃんも、れなしも、さっちゃんも…。みんなの夢がきっと叶うことを信じて、深々と頭を下げた後ステージを去るメンバーに、ヲタクは精一杯の拍手を贈るのだった。